財務局・日銀、「通帳紛失でも払い戻し」を要請

西日本豪雨で金融機関に緊急対応を要請

 7月9日、西日本を中心にした豪雨で被災した地域の財務局と日銀の各支店は6日から9日にかけて、管内金融機関に対し、預金証書や通帳を紛失した場合でも本人確認ができれば払い戻しに応じるなどの金融上の措置を要請した。写真は都内で2016年12月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 9日 ロイター] - 西日本を中心にした豪雨で被災した地域の財務局と日銀の各支店は6日から9日にかけて、管内金融機関に対し、預金証書や通帳を紛失した場合でも本人確認ができれば払い戻しに応じるなどの金融上の措置を要請した。

現時点での対象は高知県、兵庫県、愛媛県、岡山県、京都府、広島県、鳥取県、岐阜県の災害救助法が適用された地域の被災者。

(伊藤純夫)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。