財務局・日銀、「通帳紛失でも払い戻し」を要請

西日本豪雨で金融機関に緊急対応を要請

 7月9日、西日本を中心にした豪雨で被災した地域の財務局と日銀の各支店は6日から9日にかけて、管内金融機関に対し、預金証書や通帳を紛失した場合でも本人確認ができれば払い戻しに応じるなどの金融上の措置を要請した。写真は都内で2016年12月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 9日 ロイター] - 西日本を中心にした豪雨で被災した地域の財務局と日銀の各支店は6日から9日にかけて、管内金融機関に対し、預金証書や通帳を紛失した場合でも本人確認ができれば払い戻しに応じるなどの金融上の措置を要請した。

現時点での対象は高知県、兵庫県、愛媛県、岡山県、京都府、広島県、鳥取県、岐阜県の災害救助法が適用された地域の被災者。

(伊藤純夫)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。