平岩アナがeスポーツ専門アナに転じたワケ

eスポーツ実況に特化した事務所を設立

――野球やサッカーの実況を担当し、とりわけプロ野球の阪神戦の実況は定評がありましたが、eスポーツの実況は、それらのスポーツ実況との違いはあるのでしょうか。

平岩:スポーツ実況においてのスキームがeスポーツ実況でも当てはまると思います。私自身としては、ゲームの進行などを実況することも大事ですが選手の表情にも注目しています。ポーカーフェイスの選手もいますが、ゲーム中の行動や結果が表情に表れます。なので、ゲームよりも選手にフォーカスしていきたいですね。あと、選手のバックボーンなど、人となりを知ってもらうのも重要だと思っています。

実況の話ではないですが、eスポーツは、ほかのスポーツと違って、プロプレーヤーとアマチュアが同じ条件でできるという点があります。たとえば対戦格闘ゲームの『ストリートファイターV』であれば、トッププロプレーヤーのときど選手の波動拳と私の波動拳は一緒なわけです。老若男女の差がないスポーツということなんです。

――野球の場合、投げて打つというのはプロもアマも変わらないですが、大谷選手の160キロの球はアマチュアには投げられないですし、打ち返すこともできないということですね。ときど選手の波動拳が2倍の速度で2倍の威力ではないと。

平岩:そうです。なので実況を聞いている人も、ほかのスポーツとは共感の仕方が違うんですね。唯一近いのはゴルフかもしれません。あとは、eスポーツというか、ゲームタイトルは必ずアップデートがありますよね。なので、知識もその都度、アップデートしていかないと実況にはならないわけです。アナウンサーにとって重要である声量とか滑舌以外にも重要なこと、やることがたくさんあるわけです。

今後の目標は?

――新しく開いた事務所では、eスポーツの実況や大会の運営などのほかに、eスポーツ実況アナウンサーの育成も行うということですが、どのような後進を育てていきたいと思っていますでしょうか。また、今後の展開も教えていただけますでしょうか。

平岩:後進の育成に関しては、「ゲーム好きのアナウンサー」と「しゃべれるゲーマー」の2つのラインを目指していきたいと思っています。どちらもよいeスポーツキャスターになると踏んでいるからです。もちろん、クオリティは段違いのものを目指しており、プロとして活躍ができる人材を育てていく予定です。

今後の予定というか目標としては、もっとライトユーザーを取り込んでいきたいですね。現在、サッカーのワールドカップが開催されていますが、普段はサッカーを見ない人の中にも、ワールドカップだと見たり騒いだりする人が出てきて、みんな楽しんでいますよね。ああいった感じでいい意味でミーハーな人の心をつかんでいきたいのです。

あとは、海外のeスポーツイベントを見ていると、観客の熱狂度が違いますよね。女の子が声をからして応援していたり。ゲーマーって、おとなしい印象を持たれている人も多いと思いますが、ゲーム系のイベントでは結構はっちゃけたりしていて、アクティブだったりします。そのアクティブさをeスポーツイベントで発揮してもらいたいですね。

※ ※ ※

これまでのeスポーツ実況でも、長年の経験と知識によって、すばらしい実況を行う方々は多々いました。しかしながら、テレビ局のアナウンサーという、誰もが認めるプロがeスポーツの世界に入ることで、彼らが到達しえなかったさらに一段階上のステージに進めると確信しました。

平岩アナウンサーは、プロのアナウンサーがeスポーツの世界に入ることで、これまでeスポーツの実況をしていた人たちの職を奪うことは考えていないとも言っていました。どちらかというと、プロがさらに門戸を広げることにより、彼らの活躍の場も増えて行くのではないでしょうか。ある意味、みんなが素人であるような状態で始まったテレビゲームのプロ化は、その道のプロの参戦によって、本格的にプロとしての位置づけを得ていくのでしょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT