モスクワにメッシ等身大チョコ、誕生日祝う

24日に31歳の誕生日

 6月23日、サッカーのW杯ロシア大会が開催されているモスクワで、24日に31歳の誕生日を迎えるアルゼンチン代表のリオネル・メッシを模した等身大の特製チョコレートが披露された(2018年 ロイター/Tatyana Makeyeva)

[モスクワ 23日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が開催されているモスクワで、24日に31歳の誕生日を迎えるアルゼンチン代表のリオネル・メッシを模した等身大の特製チョコレートが披露された。

モスクワの菓子店で、5人からなる製作チームがおよそ1週間かけて60キロのチョコレートを彫り上げた。

シェフパティシエのダリア・マルキナさんは「6月24日がメッシの誕生日だと知り、彼自身を彫刻したチョコレートを贈呈したらどうかと考えた」と説明。メッシへの贈呈については代理人と連絡を取り合っていたとし、「リオネル・メッシにリオネル・メッシをあげることになる」と笑った。

彫刻は、モスクワから約50キロの距離でW杯期間中アルゼンチンが拠点を置いているブロンニツィの町にも展示されるという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。