モスクワにメッシ等身大チョコ、誕生日祝う

24日に31歳の誕生日

 6月23日、サッカーのW杯ロシア大会が開催されているモスクワで、24日に31歳の誕生日を迎えるアルゼンチン代表のリオネル・メッシを模した等身大の特製チョコレートが披露された(2018年 ロイター/Tatyana Makeyeva)

[モスクワ 23日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が開催されているモスクワで、24日に31歳の誕生日を迎えるアルゼンチン代表のリオネル・メッシを模した等身大の特製チョコレートが披露された。

モスクワの菓子店で、5人からなる製作チームがおよそ1週間かけて60キロのチョコレートを彫り上げた。

シェフパティシエのダリア・マルキナさんは「6月24日がメッシの誕生日だと知り、彼自身を彫刻したチョコレートを贈呈したらどうかと考えた」と説明。メッシへの贈呈については代理人と連絡を取り合っていたとし、「リオネル・メッシにリオネル・メッシをあげることになる」と笑った。

彫刻は、モスクワから約50キロの距離でW杯期間中アルゼンチンが拠点を置いているブロンニツィの町にも展示されるという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT