モスクワにメッシ等身大チョコ、誕生日祝う

24日に31歳の誕生日

 6月23日、サッカーのW杯ロシア大会が開催されているモスクワで、24日に31歳の誕生日を迎えるアルゼンチン代表のリオネル・メッシを模した等身大の特製チョコレートが披露された(2018年 ロイター/Tatyana Makeyeva)

[モスクワ 23日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が開催されているモスクワで、24日に31歳の誕生日を迎えるアルゼンチン代表のリオネル・メッシを模した等身大の特製チョコレートが披露された。

モスクワの菓子店で、5人からなる製作チームがおよそ1週間かけて60キロのチョコレートを彫り上げた。

シェフパティシエのダリア・マルキナさんは「6月24日がメッシの誕生日だと知り、彼自身を彫刻したチョコレートを贈呈したらどうかと考えた」と説明。メッシへの贈呈については代理人と連絡を取り合っていたとし、「リオネル・メッシにリオネル・メッシをあげることになる」と笑った。

彫刻は、モスクワから約50キロの距離でW杯期間中アルゼンチンが拠点を置いているブロンニツィの町にも展示されるという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。