モスクワにメッシ等身大チョコ、誕生日祝う

24日に31歳の誕生日

 6月23日、サッカーのW杯ロシア大会が開催されているモスクワで、24日に31歳の誕生日を迎えるアルゼンチン代表のリオネル・メッシを模した等身大の特製チョコレートが披露された(2018年 ロイター/Tatyana Makeyeva)

[モスクワ 23日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が開催されているモスクワで、24日に31歳の誕生日を迎えるアルゼンチン代表のリオネル・メッシを模した等身大の特製チョコレートが披露された。

モスクワの菓子店で、5人からなる製作チームがおよそ1週間かけて60キロのチョコレートを彫り上げた。

シェフパティシエのダリア・マルキナさんは「6月24日がメッシの誕生日だと知り、彼自身を彫刻したチョコレートを贈呈したらどうかと考えた」と説明。メッシへの贈呈については代理人と連絡を取り合っていたとし、「リオネル・メッシにリオネル・メッシをあげることになる」と笑った。

彫刻は、モスクワから約50キロの距離でW杯期間中アルゼンチンが拠点を置いているブロンニツィの町にも展示されるという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。