ネットフリックス広報責任者が退社したワケ

「自身のチームで無神経な発言をした」と示唆

 6月22日、米動画配信大手ネットフリックスは広報部門の最高責任者であるジョナサン・フリードランド氏が退社すると明らかにした。カリフォルニア州エンシニータスで昨年1月撮影(2018年 ロイター/MIKE BLAKE)

[22日 ロイター] - 米動画配信大手ネットフリックス<NFLX.O>は22日、広報部門の最高責任者であるジョナサン・フリードランド氏が退社すると明らかにした。詳細は明らかにしていない。

同氏はツイッターに「指導者は定められた模範において非の打ちどころがないようにすべきだが、残念ながら私はその基準から外れてしまった」と投稿。自身のチームで無神経な発言をしたと示唆した。

フリードランド氏はウォルト・ディズニーを経て、7年余り前にネットフリックスに移籍。同氏からのコメントは得られていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。