ネットフリックス広報責任者が退社したワケ

「自身のチームで無神経な発言をした」と示唆

 6月22日、米動画配信大手ネットフリックスは広報部門の最高責任者であるジョナサン・フリードランド氏が退社すると明らかにした。カリフォルニア州エンシニータスで昨年1月撮影(2018年 ロイター/MIKE BLAKE)

[22日 ロイター] - 米動画配信大手ネットフリックス<NFLX.O>は22日、広報部門の最高責任者であるジョナサン・フリードランド氏が退社すると明らかにした。詳細は明らかにしていない。

同氏はツイッターに「指導者は定められた模範において非の打ちどころがないようにすべきだが、残念ながら私はその基準から外れてしまった」と投稿。自身のチームで無神経な発言をしたと示唆した。

フリードランド氏はウォルト・ディズニーを経て、7年余り前にネットフリックスに移籍。同氏からのコメントは得られていない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発進!プログラミング教育

2020年度に小学校でプログラミングが必修化。6年後には新センター試験に導入。親が子どもにしてやれることは? 先進公立小学校の取り組みから夏休みの自由研究のネタまで紹介。