ネットフリックス広報責任者が退社したワケ

「自身のチームで無神経な発言をした」と示唆

 6月22日、米動画配信大手ネットフリックスは広報部門の最高責任者であるジョナサン・フリードランド氏が退社すると明らかにした。カリフォルニア州エンシニータスで昨年1月撮影(2018年 ロイター/MIKE BLAKE)

[22日 ロイター] - 米動画配信大手ネットフリックス<NFLX.O>は22日、広報部門の最高責任者であるジョナサン・フリードランド氏が退社すると明らかにした。詳細は明らかにしていない。

同氏はツイッターに「指導者は定められた模範において非の打ちどころがないようにすべきだが、残念ながら私はその基準から外れてしまった」と投稿。自身のチームで無神経な発言をしたと示唆した。

フリードランド氏はウォルト・ディズニーを経て、7年余り前にネットフリックスに移籍。同氏からのコメントは得られていない。

関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。