不登校から人気バンドマンになった男の人生

4年半の引きこもりからデビュー、現在まで

「痩せよう」と決めていたため、アルバイトや親の手伝いをして小遣いを稼ぎ、ジムにも通うように。成長期が重なったこともあり、ダイエットにも成功。友だちもでき始め、田村さんはちょっとずつ、変わっていきました。

念願のヴィジュアル系バンド結成に向けて一歩踏み出したのは、高校2年のときです。憧れのミュージシャン(ジャンヌダルクのベーシスト・ka-yuさん)に近づこうと、同じメーカーのベースを購入。当時の田村さんの日記には「1カ月で飽きるだろうな」と書かれていましたが、本人の予想に反し、すっかりのめりこんでいったのでした。

その高校には軽音楽部がなかったため、インターネットでメンバー募集を探し、アマチュアバンドの活動を始めました。

本格的な音楽活動へ

高校3年になり、田村さんは再び進路に悩みます。「今思うと、楽なほうを選んだ」と言いますが、卒業後はフリーターをしながらバンドを続けることに。しかし、このままずっとフリーターでいいのか? だんだんと焦りが出てきて、ビジネス寄りのインディーズバンドに軸足を移していきました。21歳で事務所に所属し、セミプロとして活動をスタート。徐々に知名度が上がり、「人前に立つのが快感」な時代に突入したのでした。

しかし25歳のとき、またもや転機が訪れます。

「いつのまにか僕のなかにおごりが生まれていたんでしょうね。メンバーのなかで問題が起き、活動を休止せざるを得なくなったんです」

突然訪れた空白の時間。それから半年、田村さんはこれまでのこと、この先のことを考え続けました。

オリコンで5位に入ったのに、喜べなくなっている自分に気づいてしまった(写真:不登校新聞)

「年齢も年齢だったので、これから本当にバンドで食べていくのであれば、自分がリーダーをやるくらいの気持ちが必要だと社長に指摘されて、僕の意識がカチッと変わりました。再開後はメンバーが一丸となり、結果を出していった。自分が中心となって曲をつくり、1年半でメジャーデビューし、オリコンチャートでトップ5に入り、全国ツアーをまわり。目標としていたことは解散までに可能なかぎりやりとげました」

メジャーデビュー後は、不登校やいじめの過去もさらけ出すようになりました。東日本大震災が起き、「誰かのために活動したい」と思うようになったのがきっかけです。

「自分の経験を話すことで人のためになれるなら、と思いました。自己開示したらこれまでとはちがう反響があって、自分を開くことの重要性も感じましたね」

それから5年半。順調ながらも、かかわる人も増えて多忙を極め、プレッシャーも大きくなっていった日々でした。

バンドを解散しようと決めたのは、31歳のとき。最新のシングルCDがオリコンで5位に入ったのに、喜べなくなっている自分に気づいてしまったのです。

次ページ音楽が売れても
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。