EC大手が中国全土で「翌日内配達」できる秘訣

ここまでやる!中国最新流通事情<後編>

ジンドンが2020年に導入予定の無人飛行機。さらなる配送能力の向上と省人化を図る(記者撮影)
中国EC(ネット通販)2位の京東(ジンドン)集団を通じ、中国小売業の進化を探る今連載。後編では店舗を離れ、ECを支える物流網にスポットを当てる。ジンドンは配達網を自前で構築、中国のほぼ全土で注文から翌日以内の配達を可能にした。その秘訣は、徹底した「自動化」にあった。

中国のECサイトといえば、「天猫」(Tモール)を展開する「アリババ」をイメージする人が多いのではないだろうか。アリババは現地ECサイトで首位を誇り、花王や資生堂など多くの日本企業がTモールに出店している。

京東(ジンドン)集団が展開するECサイト「京東商城」は、2004年にスタートした。IT大手のテンセントと2014年に業務提携を結び、同社の電子決済「wechatpay(ウィーチャットペイ)」を武器に売り上げを伸ばしている。日本での知名度はまだまだ低いが、中国のECサイトでTモールに次ぐ2位にのし上がった。

ジンドン副総裁で物流部門責任者の唐偉氏(記者撮影)

ECで火花を散らすアリババとジンドンだが、両社には大きな違いがある。物流システムだ。アリババは配送を外部に委託しているのに対し、ジンドンは自社で在庫管理から配送まですべてを行っているのだ。ジンドンの副総裁で物流部門責任者の唐偉氏は、「京東は中国で唯一、全てのサプライチェーンを提供している企業」と力説する。

配送料は99元以上なら原則無料

ジンドンは中国全土に物流倉庫515カ所、配送センター約7000カ所を展開する。現在では中国の「99%の地域に」(同社)、注文の当日か遅くとも翌日までに商品を配送することが可能だ。配送料は商品の種類や重さで異なるが、99元(約1700円)以上なら原則無料になる。

総取り扱い件数は非公表だが、同社の売上高は2017年12月期で3623億元(約6.2兆円)に上る。かなりの物量となるはずだが「一部の外注を除いて、ほとんど自社で配送している」(同社)。ジンドンの社員は傘下の金融会社を除いて約15万人いるが、そのうち配送員は約6.5万人。それだけの人員で中国ほぼ全土の配送をカバーしていることになる。ちなみに、配送員はすべて正社員だ。

ジンドンはなぜここまで省力化を進めることができたのか。背景には、同社独自の自動倉庫がある。

次ページ上海の自動倉庫の中身
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?