東芝、パソコン事業子会社をシャープに売却

子会社株式の80%を約40億円で

 6月5日、シャープは、東芝のパソコン事業を買収することで合意したと発表した。写真は都内で2012年5月撮影(2018年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 5日 ロイター] - シャープ<6753.T>は5日、東芝<6502.T>のパソコン事業を買収することで合意したと発表した。買収額は約40億円。東芝のパソコン関連製品と同社のディスプレーやセンサーなどを融合することで、人工知能(AI)やすべてのモノがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)事業を強化する。

パソコン事業を手掛ける東芝クライアントソリューション(東京都江東区)株式の80.1%を取得し、子会社化する。取得予定日は10月1日。「ダイナブック」ブランドや人材、販売チャネルなどはそのまま引き継ぐ。

シャープは2010年にパソコン事業から撤退したが、鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>傘下で経営再建が進んだことから、パソコン事業に再参入する。2019年3月期業績への影響は軽微という。

東芝は経営再建に向け、不採算事業の売却を進めており、パソコン事業の売却もその一環。同事業の2018年3月期の売上高は前年比13%減の1673億円、営業損益は96億円の赤字(前年は5億円の赤字)だった。

東芝はパソコン事業の売却で約17億円の損失等を計上する見込み。5月15日に公表した業績予想には織り込んでいないが、業績への影響は軽微としている。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。