東芝、パソコン事業子会社をシャープに売却

子会社株式の80%を約40億円で

 6月5日、シャープは、東芝のパソコン事業を買収することで合意したと発表した。写真は都内で2012年5月撮影(2018年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 5日 ロイター] - シャープ<6753.T>は5日、東芝<6502.T>のパソコン事業を買収することで合意したと発表した。買収額は約40億円。東芝のパソコン関連製品と同社のディスプレーやセンサーなどを融合することで、人工知能(AI)やすべてのモノがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)事業を強化する。

パソコン事業を手掛ける東芝クライアントソリューション(東京都江東区)株式の80.1%を取得し、子会社化する。取得予定日は10月1日。「ダイナブック」ブランドや人材、販売チャネルなどはそのまま引き継ぐ。

シャープは2010年にパソコン事業から撤退したが、鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>傘下で経営再建が進んだことから、パソコン事業に再参入する。2019年3月期業績への影響は軽微という。

東芝は経営再建に向け、不採算事業の売却を進めており、パソコン事業の売却もその一環。同事業の2018年3月期の売上高は前年比13%減の1673億円、営業損益は96億円の赤字(前年は5億円の赤字)だった。

東芝はパソコン事業の売却で約17億円の損失等を計上する見込み。5月15日に公表した業績予想には織り込んでいないが、業績への影響は軽微としている。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT