新日鉄、JFEはどう動く? 電炉メーカー再編の行方

再編にソッポを向く独立系電炉メーカー

 鉄鋼メーカーは、大規模設備で鉄鉱石と石炭から大量生産する「高炉メーカー」と、小規模設備で鉄スクラップから鋼材を作る「電炉メーカー」とに分かれる。 日本の鉄鋼生産は年間1億1700万トン(2006年度)。このうち4分の3をわずか5社の高炉メーカーが占めるのに対し、残りの4分の1を高炉の8倍以上の数の電炉メーカーが分け合っている。特に、得意とする建材マーケットは年間1200万トン規模でしかなく、ここに40社がひしめき合う構図だ。ほぼ同規模の建材マーケットを持つ韓国が6~7社なのに比べると、彼我の違いは明らかである。

 加えて、将来の市況悪化が想定される。現在、電炉各社は販売単価上昇で空前の高収益。が、国内需要は公共事業の減少などで頭打ちの状態が続く。また、建材は自動車用鋼板など他の鋼材に比べると参入障壁が低いため、爆発的な勢いで増産が続く中国製品の流入が時間の問題とされる。

 にもかかわらず、再編のピッチが鈍いのはオーナー色の強い独立系メーカーが多いためだ。「電炉再編は合鉄や共英製鋼が勝手に言っていること。うちは参加する気はない」(独立系の大手電炉幹部)。

 日本の電炉メーカーは高炉系、商社系、独立系の三つに大別される。電炉の業界団体である普通鋼電炉工業会に属している35社のうち、独立系は16社。これら独立系トップは儲かるときに内部留保し、儲からないときに赤字補填や設備更新に充てる経営で、かつての鉄鋼不況を乗り越えたとの自負がある。

 今後の市況悪化への対策も着々だ。電炉最大手の東京製鉄は、高炉の専売品であった自動車用鋼板への進出を検討。“西の雄”といわれる大和工業は新たに中東バーレーンへの進出に合意、海外展開を積極化している。そもそも、「一国一城の主」という意識が強いため、再編に打って出る気概に乏しいようだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT