マスクがインスタで明かした地下交通の衝撃

「数カ月以内に乗車実験開始」と宣言

メッセージには直径12フィート (3.6メートル) の明るい円筒形通路を通過する早送りの動画をともなっている。そこにはヘルメットをかぶった男性が明らかに未完成の地下トンネルの一端で働いているのが映っている。

筆者がボーリングカンパニーの広報担当であるジェーン・ヘンメに対し、マスクがインスタグラムの投稿と動画が実際のものであるかどうかを明確にするように求めたところ、コメントを拒否した。

ビデオはホーソーンの既存のトンネルのもの?

ロサンゼルス市議会議員ポール・コルツの広報担当であるアリソン・シマードは、「ビデオはホーソーンの既存のトンネルのものである」と述べた。コルツは、ボーリングカンパニーがロサンゼルスで試験的なトンネルを掘る要求が最短で承認されるよう支援している議員だ。

シマードは、4月の市議会の公共事業委員会における承認事項には、試験的トンネルを公共交通機関として認めたような案件はないと述べた。ホーソーン市の関係者は、コメントしなかった(市役所は通常金曜日は休みである)。

地下トンネルの様子(写真:ボーリングカンパニー)

(敬称略、記事:スティーブ・ゴーマン、 編集 : ビル・タラント)

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。