マスクがインスタで明かした地下交通の衝撃

「数カ月以内に乗車実験開始」と宣言

地下トンネルを掘削するシールドマシン(写真:ボーリングカンパニー)

5月10日、イーロン・マスクは、ロサンゼルス地下に掘ったトンネルを用いて、あと数カ月で無料乗車実験を行うとインスタグラムを通じて明らかにした。

果たして、マスクがインスタ上で宣伝する通り、国内第2の規模を誇る大都市で新しい地下交通システムは実現するのだろうか。

試験的なトンネルには、車も人も通らない?

10日、マスクがインスタに投稿した注目のビデオクリップに映ったトンネルは、ロサンゼルスの地下ではなく、マスクが率いるボーリングカンパニーとスペースXの双方の本社があるホーソーンという小さな自治体の下を通っているもののようだ。

ただし、ホーソーンからマスクが受けた許可が、公衆がトンネル内に足を踏み入れることさえ許可するものであるかが不透明である。少なくとも、昨年8月のホーソーン特別市議会の議事録によると「試験的なトンネルには、車も人も通らないだろう」と記録されている。そして、ボーリングカンパニーがトンネルを掘削するにあたって主張していた地役権、通行権を批判している。

次ページキッカケは道路渋滞への怒り
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。