マスクがインスタで明かした地下交通の衝撃

「数カ月以内に乗車実験開始」と宣言

地下を走る乗り物のイメージ(写真:ボーリングカンパニー)

この地下交通機関建設のキッカケは恒常的な道路渋滞へのマスクの怒り。2016年12月にツイッターで交通渋滞は「私を狂わせる」と不満を述べ、公共交通機関への進出を宣言した。「掘削機ですぐにトンネルを掘り始める」と誓ったのだ。

マスクは、このときの大胆な野心を維持しているようだ。そして、ツイッターのアカウントでもインスタの投稿を紹介している。「最初のロサンゼルス地下のボーリングカンパニーのトンネルはほぼ完成した。最終的な規制上の承認を待ち、数カ月のうちに公衆に無料乗車を提供したい」。

開示されている記録によると、ボーリング作業はスペースX社の私有地で350フィート(約160.6メートル) のトンネルを掘ることから始まっている。そののちにホーソーンの市街地の地下にさらに2マイル(3.2キロメートル) ほど掘り進め、通行権を求めていた。

ボーリングカンパニーは、同様の試験的トンネルをロサンゼルスの繁華街である西区域の下に2.7マイル(4.3キロメートル) を掘る計画を持っており、承認を求めている。

歩行者とサイクリストのための輸送を優先

両方の計画は、都市内と都市間で急速に動く車や歩行者のため、地上での交通渋滞を緩和するためのもので、マスクによって想起されたトンネルの地下ネットワークの開発に向ける最初の一歩として打ち出されたものだ。

「このプロジェクトを支援してくださった全員に大いに感謝している」。マスクはソーシャルメディアのメッセージで次のようにも説明している。「先の投稿で述べたように、一度完全な形で運行されれば (デモシステムへの乗車は無料) 、システムは常に、バス代よりも低コストで、歩行者とサイクリストのための輸送を優先する」。

次ページこの動画はホンモノ?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。