最新!「ビジネス書」ベストセラーランキング

ゴールデンウィーク中によく売れたのは?

『10年後の仕事図鑑』が引き続き好調を維持している(画像:miya227 / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、4月29日~5月5日のランキングだ。

なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

堀江氏、落合氏の共著が好調を持続

1位は、堀江貴文氏と落合陽一氏の共著『10年後の仕事図鑑』(SBクリエイティブ)だった。イラスト入りで50近くの職業の未来を分析しているという本書は、日々の注文数の増減も少なく、好調を持続している。

前週142位から2位にジャンプアップしたのが、『ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望』(トーマス・ラッポルト著、飛鳥新社)だ。2014年のベストセラー『ゼロ・トゥ・ワン』の筆者にして大物投資家であるピーター・ティールについて、ジャーナリストが鋭く切り込んでいる。

次ページ以降、195位までの200冊ランキングを紹介する。次に読む1冊を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~49位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。