CIA長官候補ハスペル氏、指名辞退申し入れ

「過酷な尋問」への関与を巡って

 5月6日、トランプ米大統領が次期中央情報局(CIA)長官に指名したジーナ・ハスペルCIA副長官(中央)がホワイトハウスに対し、指名辞退を申し出ていたことが、事情に詳しい2人の関係筋の話で明らかになった。ワシントンで2日撮影(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 6日 ロイター] - トランプ米大統領が次期中央情報局(CIA)長官に指名したジーナ・ハスペルCIA副長官がホワイトハウスに対し、指名辞退を申し出ていたことが、事情に詳しい2人の関係筋の話で6日、明らかになった。

ハスペル氏を巡っては、ブッシュ元政権下のCIAが2001年9月11日の米同時多発攻撃後に拘束された容疑者らに対して実施した「拷問」とされる水責めなど過酷な尋問に関わったとの指摘がある。ハスペル氏の支持者らは、ホワイトハウスのスタッフがCIA長官指名を巡り神経質になっていると懸念していたため、同氏は辞退を申し出たという。

同氏による指名辞退の申し入れについては、米紙ワシントン・ポストが最初に報じた。

同紙が4人の米高官の話として伝えたところによると、ハスペル氏は4日にホワイトハウスに呼び出され、過酷な尋問への関与について質問を受けた。同氏は9日に予定されている上院情報委員会での指名承認公聴会がCIAに悪影響を及ぼす事態を回避するため、辞退を申し出た後、バージニア州ラングレーのCIA本部に戻った。

ホワイトハウスのマーク・ショート議会担当補佐官などは同日中に急きょ、ラングレーの本部にハスペル氏を訪れ、数時間にわたり協議したが、指名辞退を撤回する確約は取り付けられなかったという。

ワシントン・ポストによると、ホワイトハウスは5日午後になってようやく、同氏が辞退することはないと確認した。

ホワイトハウスのシャー報道官は取材に対し、「ハスペル氏は30年以上も国に仕えてきた大変有能な候補だ」とコメント。「米国自由人権協会(ACLU)と見解を共にするような、CIAに対する党派的批判によって指名が阻止されることはない」とした。

ハスペル氏を巡っては、拷問を記録したビデオテープの破棄を命じた可能性についても指摘されている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。