新幹線高速化「3分短縮」は意外なほど大変だ

新型「N700S」に至るスピードアップの歴史

快走する0系(筆者撮影)

東海道新幹線は開業直後、東京―大阪(新大阪)間を超特急「ひかり」が4時間で結んだ。1965年11月から「ひかり」は3時間10分の運転を実現している。最高時速は210kmで、これは1986年に220kmに引き上げられるまで変わらなかった。車両も100系が登場した1985年までは0系の1車種のみだった。

大きな変化が起きたのは、1987年に国鉄が分割民営化され、東海道新幹線がJR東海の路線となってからだ。1992年3月14日のダイヤ改正で、フルモデルチェンジ車の300系が投入されるとともに「のぞみ」の運転が始まった。国鉄時代には「新幹線の最高速度はせいぜい時速250kmまで、それ以上は浮上式鉄道(リニア)に頼るほかない」というのが多くの鉄道関係者の話だったが、鉄道技術の進歩によって270km走行が可能になったのである。

時速270km時代の幕開け

「のぞみ」の営業運転開始に先立つ1992年3月9日には300系の公式試乗会が行われ、午前5時59分に東京を出発した列車は、最高時速270kmで暁の東海道新幹線を疾走した。

「のぞみ」試乗列車に乗車した元国鉄技師長の島秀雄氏(左)と須田寛氏(筆者撮影)

この列車には当時のJR東海・須田寛社長と共に「新幹線を作った男」として知られる元国鉄技師長の島秀雄さんが乗車され「270km/hですか……新幹線も速くなったものです」と語っていたのが今も印象に残っている。300系「のぞみ」により、東京―新大阪間は2時間30分と大幅に所要時間を短縮した。

0系(左)とすれ違う300系(筆者撮影)

300系の次に登場したのが4代目新幹線電車700系で、フルモデルチェンジの大胆な流線形は「カモノハシ」といわれ大人気となった。しかし、最高速度は300系と同様時速270kmのままであった。車両性能としてはすでに300km対応可能だったが、東海道新幹線の開業以来の軌道とカーブなどの影響でスピードアップが思うようにならなかったこともある。

このさらなるスピードアップは東海道新幹線の大きな課題として立ちふさがり、さまざまなメンテナンスが施されてきた。線路の保守、保全や路盤、路床の強化整備などが行われ、同時にさらに高速対応の新幹線電車の開発も進められた。

次ページ時速270kmの壁を破ったN700A
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT