アマゾンが大幅下落、不安続く米国株市場

トランプ大統領が「次の標的」に?

 3月28日、米国株式市場は下落。オンライン小売のアマゾン・ドット・コムの下げがきつかったほか、他のハイテク株も軟調だった。一方、ディフェンシブ銘柄は底堅く推移した。ニューヨーク証券取引所で26日撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 米国株式市場は下落。オンライン小売のアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>の下げがきつかったほか、他のハイテク株も軟調だった。一方、ディフェンシブ銘柄は底堅く推移した。

アマゾンは一時6.7%下落し、530億ドルの時価総額を失った。トランプ米大統領がアマゾンに対する課税措置見直しに言及したと伝わったことが圧迫材料。その後やや値を戻し、4.4%安で引けた。

電気自動車(EV)メーカーのテスラ<TSLA.O>は続落し、7.7%安。格付け引き下げや、同社自動車事故の当局調査のニュースが材料視されている。

セクター別では、主要消費財<.SPLRCS>、不動産<.SPLRCR>、電気通信サービス<.SPLRCL>、ヘルスケア<.SPXHC>が上昇した。

エネルギー<.SPNY>は主要セクターの中で下げが最も大きく、1.99%安で終了。米原油在庫が予想外に増加したことを受け、原油価格が下げたことが背景。

この日発表された2017年第4・四半期の国内総生産(GDP)確報値にはさほど反応しなかった。確報値は年率換算で前期比2.9%増と、改定値の2.5%増から上方改定された。

ニューヨーク証券取引所では、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.12対1の比率で上回った。ナスダックは1.22対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は69億6000万株。直近20営業日の平均は73億6000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 23848.42 -9.29 -0.04 23883.08 24092.47 23728.67 <.DJI>

前営業日終値 23857.71

ナスダック総合 6949.23 -59.58 -0.85 6978.30 7036.09 6901.07 <.IXIC>

前営業日終値 7008.81

S&P総合500種 2605.00 -7.62 -0.29 2611.30 2632.65 2593.06 <.SPX>

前営業日終値 2612.62

ダウ輸送株20種 10188.19 +6.77 +0.07 <.DJT>

ダウ公共株15種 688.63 -1.10 -0.16 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1299.82 -28.12 -2.12 <.SOX>

VIX指数 22.87 +0.37 +1.64 <.VIX>

S&P一般消費財 795.59 -9.96 -1.24 <.SPLRCD>

S&P素材 349.77 -4.71 -1.33 <.SPLRCM>

S&P工業 615.66 -2.39 -0.39 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 538.19 +7.32 +1.38 <.SPLRCS>

S&P金融 451.72 +0.73 +0.16 <.SPSY>

S&P不動産 192.26 +3.34 +1.77 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 487.78 -9.89 -1.99 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 935.52 +4.59 +0.49 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 151.64 +2.45 +1.64 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1117.33 -9.76 -0.87 <.SPLRCT>

S&P公益事業 254.82 -0.22 -0.09 <.SPLRCU>

NYSE出来高 9.29億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物6月限 ドル建て 21270 + 240 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物6月限 円建て 21230 + 200 大阪比 <0#NIY:>

 

 

(ロイターデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合があります)

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ザ・名門高校 校風、進学実績、人脈の大研究

復活の日比谷、すごいOBネットワークを持つ開成・灘…。名門と呼ばれるのには「ワケ」がある。歴史、校風、進学実績、そして人脈。北海道から沖縄まで全国の高校を徹底研究。