傾斜配分に噛み付いたJALの本懐

異例の羽田発着枠配分にモノ申す!

――アライアンスの分も考慮して配分すべきか。

植木社長 ドイツ路線の配分は2枠あったのが、両方ともANAに行った。(ANAが加盟する)スターアライアンスのルフトハンザがドイツにある。現在でも成田と羽田を併せて、(JALが加盟する)ワンワールドが1、スターアライアンスが5という構図になっている。最終的にどのくらいになるかわからないが、スターアライアンスは少なくとも5枠より多くなる。圧倒的にアライアンスのシェアが変わってくる。アライアンス間の競争には大きな影響があると理解している。

――公的支援を果たした後に制約を加えるのはおかしいと言うが、裏を返せば、公的支援を受けている最中は制約がなかった。再生後に制約を加えているのが現状ではないか。

乘田常務 企業再生支援機構が決めて、裁判所が承認したのは、国内線は3割、国際線は4割を縮小し、それに伴い機材も大幅に減らし、人員も減らすというもの。事業規模の縮小は図られている。おかげさまで支援を受けて、更正計画を終了して、再上場も果たした。新たな株主もいる。ずっと制約が続いていくというのは、いかがなものか。

空港戦略に再考の余地

――中計への影響は避けられないということだが、影響を抑える施策で成長を目指すのか。それとも、考えを変えるのか。

植木社長 大きな方針に変わりはない。以前から言っているように、規模の拡大よりも収益性のキープを考えてきた。それは変わらないが、成長分野も必要。中期計画で当てにしていた便がなくなった。ほかの手法を捻り出す。

中期計画の見直しは不可避

――先月の会見では、成田空港を「海外路線同士を結ぶハブ」、羽田空港を「国内路線と海外路線のゲートウェイ」としていたが、その使い分けに影響はあるか。

植木社長 当然ながら影響はある。成田と羽田、どちらがいいとかでなく、戦略的な位置づけが異なっている。その意味で、羽田でもしっかり枠をキープしたかった。その影響は避けられない。正直言って時間的に余裕はないので、同時並行的にほかの策を考える。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。