宮原4位・坂本5位、ザギトワが世界最高得点

平昌五輪フィギュア女子ショートプログラム

平昌冬季五輪フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)、宮原知子(写真)は自己ベストの75.94点をマークし、4位につけた(2018年 ロイター/Lucy Nicholson)

[21日 ロイター] - 平昌冬季五輪は21日、フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)を行い、宮原知子は自己ベストの75.94点をマークし、4位につけた。

首位は個人資格の「ロシアからの五輪選手(OAR)」として出場し、世界最高得点を出したアリーナ・ザギトワ。

宮原はテレビ局のインタビューで「なんとか大きなミスなく終われて、まだ緊張している感じですが、なんとかフリーにつなげることができてよかったです」とコメント。「団体戦で回転不足を取られてしまったので、次こそはと思って、少しの間でしたけど個人戦まで練習してきたので、それをフリーでもしっかり出せるように頑張りたいです」と述べた。

さらに、フリーまで1日あるので気持ちを切り替え、これまで頑張ってきたことを今度はフリーでしっかり見せられるようにしたい、と決意を語った。

初出場の17歳、坂本花織は自己ベストの73.18点で5位。「ループはすごくひやっとしましたが、とりあえず降りられてよかったです。今までで一番良かったかなと思います。ここまで勢いで来られたので、フリーもそのまま突っ走っていけたらいいなと思います」と話した。

世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワ(OAR)は、流れのある圧巻の演技で世界最高得点を塗り替える81.61点を出した。しかし、メドベージェワとともに金メダル候補の15歳、アリーナ・ザギトワも高難度のジャンプを組み込んだ完成度の高いパフォーマンスを披露。メドベージェワを超える82.92点を出し、世界最高点をさらに更新してトップに立った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。