ニューヨーク49歳女性に「最悪通勤通学賞」

トイレ我慢し地下鉄内で2時間閉じ込め

 2月20日、米国の都市部通勤者の人権擁護で活動する「ライダーズ・アライアンス」が、初の「週で最悪の通勤通学賞」を図書館に勤める女性(49)に授与した。写真は39番街駅のようす/Devika Krishna Kumar

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米国の都市部通勤者の人権擁護で活動する「ライダーズ・アライアンス」が20日、初の「週で最悪の通勤通学賞」を図書館に勤める女性(49)に授与した。この賞は、老朽化するニューヨークの地下鉄システムを修理する長期計画の実施を、クオモ市長と市当局に訴える目的で作られたという。

ニューヨーク市立大学の図書館に務めるこの女性は、1月20日、トイレに寄らずにマンハッタンの職場を出発。地下鉄でクイーンズの自宅に向かっていたところ、最寄り駅の一つ手前付近で電車が止まって信号故障の放送が流れ、あと5分で通勤が終わるはずが2時間にわたって地下に閉じ込められることとなった。

2012─17年に遅延が3倍以上に増加

女性はインタビューで「マンハッタンからクイーンズまでは30分しかかからないと思ってトイレに寄ってこなかった。いまは、たとえ1駅でも、電車に乗る前にはトイレに寄っている」と語った。

ライダーズ・アライアンスは、ハッシュタグ#WorstCommuteで、通勤にまつわる出来事を募集。受賞者には改札でタッチするメトロカードを模したチョコレートが贈られる。

ライダーズ・アライアンスによると、ニューヨークの地下鉄は近年、定時で運行している便数の割合が15%ポイント低下して65%にとどまり、世界の主要都市の交通システム中で最悪の水準となっているほか、2012─17年に遅延が3倍以上に増加し、走行速度は1950年代より遅くなっていると指摘した。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。