仮想通貨取引所「Zaif」で障害、0円で売買

顧客7人が0円で仮想通貨を購入

 2月21日、仮想通貨交換業者のテックビューロ(大阪市)は、運営する取引所Zaifでシステムに不具合が生じ、顧客7人が0円で仮想通貨を購入するトラブルが発生したと発表した。写真は各種仮想通貨のイメージ。サラエボで13日撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 21日 ロイター] - 仮想通貨交換業者のテックビューロ(大阪市)は、運営する取引所Zaifでシステムに不具合が生じ、顧客7人が0円で仮想通貨を購入するトラブルが発生したと発表した。同社は「顧客6名とは対応を済ませており、残る1名とは継続対応中」としている。

同社が20日にホームページに掲載した報告によると、16日の午後5時40分から58分ごろにかけて、同社のサービスである「簡単売買」において0円で仮想通貨の売買ができる状態が発生した。

0円でなされた取引については、その後、訂正扱いとし、顧客の残高データについても修正を行ったとしている。同社は、不具合については修正を実施し、以降、システムは正常に稼動していると説明している。

詳細について同社の広報担当者からはコメントは得られていない。

(浦中大我)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 30歳とお金のリアル
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
DMMの変身<br>異色IT企業を大解剖

アダルトビデオで出発し、雑多な事業への参入で膨張してきたDMM.comグループ。事業領域はネット系を飛び出し、約40に広がる。脱アダルトを進め組織体制も変革。それでも「上場は考えない」(亀山会長)。謎多き会社の実態に迫った。