韓国人御用達!「1泊1200円激安宿」の正体

平昌五輪に行って見つけた超“穴場"

江陵にあるモーテル(撮影:田中将介)

ホテルの価格が高騰し、宿泊場所の確保が難しいのでは、と言われていた平昌五輪。しかし、いざ、現地に入ってみると、意外にもホテルは空いていた。記者は開幕直前にホテルをとったが、約5000円で宿泊できた。しかも、現地で聞いてみると、なんと一泊12000ウォン(1200円)で夜を快適に過ごせる施設があることを知った。韓国では「常識」という。一体、どんな施設なのか?

当記事は、AERA dot.の提供記事です

平昌五輪が9日に幕をあけ、観光客も一斉に五輪会場周辺に押し寄せた。現地入りする前日、記者は宿を探し始めたが、開会式が行われた平昌近辺には10万円以上するホテルしか残っていなかったが、アイスホッケーなどの会場がある近郊の江陵市内には、多くの宿泊場所が残っていた。

記者が宿泊したホステルは1泊約5000円。五輪期間中、さらには直前にも関わらず、飛行機(LCC)の往復チケットも約2万円。思ったよりも現場は高騰していない。

初日の夜、江陵駅を歩いていると、モーテルが立ち並ぶエリアを見つけた。現地の人によると、モーテルは日本でいうラブホテルのようなものだが、カップルでなくとも気軽に宿泊施設として使えるという。値段を聞くと1泊3000円~4000円、すぐに入れるとのこと。

モーテルに宿泊すればよかったと後悔の念を抱きながら、ホステルに戻ろうと、タクシーを待っていると、同じくタクシー待ちをしていた韓国人の男性が話しかけてきた。

次ページ現地の人が語る「穴場」とは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT