米国株式市場は続伸、ダウは410ドル高

「株安は終わっていない」との見方も

 2月12日、週明けの米国株式市場は、主要3指数がいずれも続伸して終了。幅広いセクターが上昇した。9日撮影(2018年 ロイター/Andrew Kelly)

[12日 ロイター] - 週明け12日の米国株式市場は、主要3指数がいずれも続伸して終了。幅広いセクターが上昇した。

前週の週間下落率は2年ぶりの大きさを記録したが、週末9日には3指数そろって反発しており、投資家の信頼感が回復しつつあるもよう。ただ、専門家はこれで株安が終わるとはみていない。

トランプ政権が12日公表した2019会計年度(18年10月─19年9月)予算教書には、国防予算の拡大に加え、大規模なインフラ投資に向けた拠出、メキシコ国境の「壁」建設費などが盛り込まれた。これを受け、S&P素材株とS&P工業株が大幅高となった。

ただ専門家によると、株価反発の最大の原因はテクニカル要因である可能性が高い。S&P総合500種は前週末9日、1月26日に付けた過去最高値から11.8%下落し、一時200日移動平均線を割り込んだ。

ウィーデン(ニューヨーク)のチーフ・グローバル・ストラテジスト、マイケル・パーブス氏は「9日は主要な支持線の水準に迫っては戻す展開だった」とし、12日の上昇については安値拾いの買いが入ったとの見方を示した。

アムンディ・パイオニア・アセット・マネジメント(ボストン)のポートフォリオ・マネジャーのジョン・キャリー氏は「投資家はおそらく、週末に考えた結果、米経済はかなり堅調で、企業業績も良好で、株式を急いで売る理由は特にないとの結論に達したのだろう」と分析した。

米株は2営業日続伸したものの、S&P総合500種の終値は依然として1月26日に付けた終値ベースの最高値を7.6%下回る。

12日はS&Pの主要11セクター全てが上昇したが、金利に敏感な不動産、公益事業、電気通信サービスはアンダーパフォームした。米10年債利回りはこの日、4年ぶり高水準を付けた。

個別銘柄で大きく上昇したのは米アップル<AAPL.O>と米ネット通販大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>。それぞれ4%高、3.5%高で引けた。

投資家の不安心理の目安とされる、シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX)<.VIX>は3.45ポイント低下し、25.61と、2月2日以来となる低水準で終了した。

米株市場では2月2日、労働市場の引き締まりによるインフレ見通しへの影響を巡る懸念や米債利回りの急上昇が売りを誘い、株価の急落が始まった。

ニューヨーク証券取引所では、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を2.80対1の比率で上回った。ナスダックでも1.90対1で値上がり銘柄数が多かった。

S&P総合500種構成銘柄では、1銘柄が52週高値を更新、8銘柄が安値を更新した。ナスダック総合構成銘柄では24銘柄が新高値を付け、43銘柄が新安値を付けた。

米取引所の合算出来高は約81億3000万株。直近20営業日の平均は85億株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 24601.27 +410.37 +1.70 24337.76 24765.16 24290.48 <.DJI>

前営業日終値 24190.90

ナスダック総合 6981.96 +107.47 +1.56 6936.68 7023.62 6879.69 <.IXIC>

前営業日終値 6874.49

S&P総合500種 2656.00 +36.45 +1.39 2636.75 2672.61 2622.45 <.SPX>

前営業日終値 2619.55

ダウ輸送株20種 10301.28 +164.67 +1.62 <.DJT>

ダウ公共株15種 666.98 +5.95 +0.90 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1279.14 +23.33 +1.86 <.SOX>

VIX指数25.61 -3.45 -11.87 <.VIX>

S&P一般消費財 813.29 +10.80 +1.35 <.SPLRCD>

S&P素材 373.67 +7.65 +2.09 <.SPLRCM>

S&P工業 630.63 +9.77 +1.57 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 558.65 +5.91 +1.07 <.SPLRCS>

S&P金融 465.27 +6.32 +1.38 <.SPSY>

S&P不動産 186.66 +0.47 +0.25 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 499.15 +8.11 +1.65 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 958.25 +9.16 +0.97 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 156.61 +1.29 +0.83 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1122.89 +19.77 +1.79 <.SPLRCT>

S&P公益事業 248.09 +1.96 +0.80 <.SPLRCU>

NYSE出来高 10.28億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 21660 + 300 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限 円建て 21635 + 275 大阪比 <0#NIY:>

(ロイターデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合があります)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。