寄り付きの日経平均大幅反落、一時700円超安

米株の急落で、リスク回避の流れ再び

 2月9日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比383円12銭安の2万1507円74銭となり、大幅に反落して始まった。その後も下げを拡大し、一時700円超安に下落した。写真は日経平均株価の表示されたモニターをみる通行人。東京で6日に撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 9日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比383円12銭安の2万1507円74銭となり、大幅に反落して始まった。

その後も下げを拡大し、一時700円超安に下落した。

前日の米国株が再び急落した流れを引き継いで、日本株は幅広く売りが先行した。東証1部の33業種すべてが下落している。

業種別では、精密機器、陸運、空運、食料品が下落率上位となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
50歳からの<br> お金の教科書

リタイアも見えてきた50歳。老後は1億円必要といわれ、不安なのはお金だが、どう向き合えばよいのか。高齢期は低リスクが第一。各種保険や仕組み債のリスクも盛り込み、人生100年時代の「正しい資産運用術」を個別具体的に指南。