寄り付きの日経平均大幅反落、一時700円超安

米株の急落で、リスク回避の流れ再び

 2月9日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比383円12銭安の2万1507円74銭となり、大幅に反落して始まった。その後も下げを拡大し、一時700円超安に下落した。写真は日経平均株価の表示されたモニターをみる通行人。東京で6日に撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 9日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比383円12銭安の2万1507円74銭となり、大幅に反落して始まった。

その後も下げを拡大し、一時700円超安に下落した。

前日の米国株が再び急落した流れを引き継いで、日本株は幅広く売りが先行した。東証1部の33業種すべてが下落している。

業種別では、精密機器、陸運、空運、食料品が下落率上位となっている。

人気記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。