寄り付きの日経平均大幅反落、一時700円超安

米株の急落で、リスク回避の流れ再び

 2月9日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比383円12銭安の2万1507円74銭となり、大幅に反落して始まった。その後も下げを拡大し、一時700円超安に下落した。写真は日経平均株価の表示されたモニターをみる通行人。東京で6日に撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 9日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比383円12銭安の2万1507円74銭となり、大幅に反落して始まった。

その後も下げを拡大し、一時700円超安に下落した。

前日の米国株が再び急落した流れを引き継いで、日本株は幅広く売りが先行した。東証1部の33業種すべてが下落している。

業種別では、精密機器、陸運、空運、食料品が下落率上位となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。