ジャンプ男子ノーマルヒル、日本4選手本戦へ

45歳の葛西紀明選手ら全員が10日の本戦出場

 2月8日、平昌冬季五輪、ノルディックスキーのジャンプ男子ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS109メートル)予選が開会式に先立って行われ、日本勢は45歳の葛西紀明(写真)ら出場した全4選手が10日の本戦出場を決めた(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[8日 ロイター] - 平昌冬季五輪、ノルディックスキーのジャンプ男子ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS109メートル)予選が8日に開会式に先立って行われ、日本勢は45歳の葛西紀明ら出場した全4選手が10日の本戦出場を決めた。

葛西は98メートルを飛んで、117.7点の20位で予選通過。小林潤志郎は101メートルの118.4点で18位、小林陵侑は98.0メートルの115.3点で21位、伊東大貴は93.5メートルの106.0点で31位で通過した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。