ジャンプ男子ノーマルヒル、日本4選手本戦へ

45歳の葛西紀明選手ら全員が10日の本戦出場

 2月8日、平昌冬季五輪、ノルディックスキーのジャンプ男子ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS109メートル)予選が開会式に先立って行われ、日本勢は45歳の葛西紀明(写真)ら出場した全4選手が10日の本戦出場を決めた(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[8日 ロイター] - 平昌冬季五輪、ノルディックスキーのジャンプ男子ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS109メートル)予選が8日に開会式に先立って行われ、日本勢は45歳の葛西紀明ら出場した全4選手が10日の本戦出場を決めた。

葛西は98メートルを飛んで、117.7点の20位で予選通過。小林潤志郎は101メートルの118.4点で18位、小林陵侑は98.0メートルの115.3点で21位、伊東大貴は93.5メートルの106.0点で31位で通過した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。