列車の業務用電源でスマホ充電は「懲役5年」

注意!英国は「充電したい場所」に電源がある

外出先での電池切れは本当に頭が痛い(Photo by kasto / PIXTA)

外出先でスマホが電池切れ。どこかに電源はないか――、と探し回った経験は誰もが持っていることだろう。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんな中、ロンドン郊外を走る電車の車内で、業務用コンセントにつないでスマホを充電していたら、いきなり現行犯逮捕されたという話がある。そんな厳しい仕打ちが待っているとは、気軽に充電をした本人は夢にも思わなかったことだろう。

日本に限らず、充電設備の付いた列車が世界のあちこちで走るようになってきた。一方で、洋の東西を問わず、車内には清掃時などに使用する、「乗客の利用を想定していない」業務用コンセントが設置されているのもまた事実だ。

スマホ充電、逮捕のいきさつは?

業務用コンセントにつないで充電していて、逮捕されたケースを改めて追ってみよう。事件は2015年7月10日に起きた。

ロンドン郊外を環状につなぐロンドン・オーバーグラウンドという鉄道がある。東京で言うと、武蔵野線のように首都の外環を走る路線で、多くの利用者は15分以上、遠くに行く人は1時間近くも乗り続けることもある。

車両は5両編成なのだが、各車両を改めてチェックすると、車内の割と目立つところに業務用の電源コンセントが1両につき2カ所設けられている。

このコンセントには明確に「公衆の利用は禁じる」と書かれてあり、車内で電池切れを起こしても、ここへプラグを差し込むのはかなり気がひける。筆者も何度となくここに差し込み充電しようか、という衝動に駆られたこともあるが、ひとつ間違うと逮捕されると聞くと、そんなリスクを負ってまで電気が欲しいとは思わない。ちなみにこの逮捕の話が知れ渡ってから、誰一人としてこの業務用コンセントを使っている乗客を見たことがない。

「犯人」はこれらコンセントのうちの一つに充電器をつなぎ、堂々とスマホを使っていたとされる。しかし、この様子を見ていた女性が「この人、盗電している」「これは犯罪だ!」と言い続けたことから、沿線にある交通警察署から警官が4人もやってきて、ホームで該当の男を捕まえたという。

次ページ盗電の罪は最大で懲役5年
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT