韓国、すべての仮想通貨取引所の閉鎖を検討

李総裁「将来、韓国中銀の仮想通貨発行も」

 1月18日、韓国金融委員会の崔鍾球(チェ・ジョンク)委員長は、国内にあるすべての仮想通貨取引所の閉鎖を政府が検討していると明らかにした。写真はサラエボで昨年12月撮影(2018年 ロイター/Dado RuvicIllustration)

[ソウル 18日 ロイター] - 韓国金融委員会の崔鍾球(チェ・ジョング)委員長は、国内にあるすべての仮想通貨取引所の閉鎖を政府が検討していると明らかにした。

崔氏は国会議員への答弁で「(政府が)国内のすべての仮想通貨取引所、または法に違反している取引所の閉鎖を併せて検討している」と述べた。

韓国当局が仮想通貨の取引を禁止する可能性があるとの報道を受けて、ビットコイン<BTC=BTSP>は17日、18%下落した。

洪楠基(ホン・ナムギ)国務調整室長は、仮想通貨取引を巡る意見は政府内で大きく分かれているとした上で、18日中に結論を出すと表明した。

朴相基(パク・サンギ)法相は先週、仮想通貨の取引所取引を禁止する法案を準備していることを明らかにしている。

韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は会見で「仮想通貨は法的通貨ではない。現時点では法的通貨として使用されていない」と述べた。

李総裁は、仮想通貨市場が経済に与える影響について中銀が調査を始めたと明らかにした。「中銀が将来的に仮想通貨を発行する可能性があることから、長期的な観点で仮想通貨について調査を開始した」と説明。「こうした調査は国際決済銀行(BIS)で始まっており、われわれも調査の一部だ」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT