パキスタン「7歳少女強姦・殺害事件」の衝撃度

抗議デモは首都カラチを含む国内全土に拡大

 1月11日、パキスタン東部のカスールで7歳の少女が強姦されたうえ殺害された事件を受け、抗議デモが国内全土に広がった。写真はイスラマバードで行われた抗議デモの様子(2018年 ロイター/Faisal Mahmood)

[ラホール(パキスタン) ロイター 11日] - パキスタン東部のカスールで7歳の少女が強姦されたうえ殺害された事件を受け、抗議デモが11日、国内全土に広がった。同様の事件に対する当局の対応が不十分だとして、人々の怒りを買っている。

カスールでは同様の事件が1年以内に12件発生。同一犯による連続殺人の可能性も浮上している。

カスール市内のゴミ箱から遺体で発見

10日にはカスールの警察がデモ隊に向けて発砲し、市民2人が死亡するなど混乱が広がっている。住民によると翌11日、市内の学校や企業、商店は軒並み休業した。

さらに抗議デモは首都カラチを含む国内全土に拡大した。

亡くなったのはZainab Ansariさん(7)で、カスール市内のゴミ箱から遺体で9日に発見された。捜索願いが提出されてから4日経過していた。

Ansariさんのおじはロイターの取材に対し「警察には何も期待できない。監視カメラ映像など証拠品も提出してきたのに、彼らは何もできなかった」と警察の対応を批判している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT