民進党「新党結成」構想はやはり不発に終わる

蓮舫氏は離党・立民入り、予備軍も続々

蓮舫氏も離党届。まだ予備軍が続きそうだ(撮影:尾形文繁)

「不協和音」と「クリスマス・イブ」の明暗

民進再結集のため解党・新党結成を目指し「クリスマスまでに結論を出したい」と必死に調整を続けた大塚氏は、26日の合同会議で「結論先送り」を確認した直後の蓮舫氏離党にがっくりと肩を落とした。対照的に枝野氏は、入党届を持って面会を求めた蓮舫氏を満面の笑顔で歓迎した。

「政界のカラオケ帝王」と呼ばれる枝野氏の現在の十八番は欅坂46の「不協和音」とされる。カラオケに行けば、声量豊かに「不協和音を僕は恐れたりしない」と拳を振り上げる。対する大塚氏に似合うのはクリスマスソングの定番「クリスマス・イブ」だろう。「心に深く秘めた想い~叶えられそうもない~きっと君は来ない」。アップテンポと物悲しいバラードの対比が枝野、大塚両氏の明暗を映し出す。

民進党初代代表の岡田氏は2017年を振り返って「ひどい以外の何物でもない」と嘆いたが、年明け以降も民進党の混乱と苦悩は続く。政党交付金絡みの大晦日ギリギリの離党・入党騒ぎもなお続くとみられる中、再結集をめぐる枝野、大塚、玉木3代表の初夢は、果たして「希望」か「絶望」か。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。