東京地検特捜、清水建設・鹿島建設を家宅捜索

リニア工事の入札にからむ独禁法違反の疑い

 12月18日、清水建設と鹿島建設は、東京地検特捜部による家宅捜索を受けたことを確認した。リニア中央新幹線関連工事の入札にからむ独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いがかかっている。写真は2000年9月、リニア中央新幹線の試験運転時に撮影(2017年 ロイター/Toshiyuki Aizawa)

[東京 18日 ロイター] - 清水建設<1803.T>と鹿島建設<1812.T>は18日、東京地検特捜部による家宅捜索を受けたことを確認した。

18日付日経新聞朝刊は、東京地検特捜部が、大林組<1802.T>、鹿島、大成建設<1801.T>、清水建設の大手ゼネコン計4社を家宅捜索する方針を固めた、と報じていた。リニア中央新幹線関連工事の入札にからむ独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いがかかっている。

関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。