上場2年、オイスターバー専業が崖っ縁のワケ

ゼネラル・オイスター社、相次いだ誤算の中身

店舗数は上場時の28から30に増えたが、営業利益は2016年3月期から3期連続で赤字の見通しに。店舗の閉店や生産拠点の集約などで大規模な特別損失を2期連続で計上した。

2017年3月末にはついに自己資本が2100万円のマイナスと、上場後わずか2年で債務超過へ転落、短期間での失速は市場に驚きを与えた(純資産は同年9月末にマイナス転落)。

債務超過に転落しても、マザーズ上場3年以内につき上場廃止猶予期間入りは免れた。ただ、この状況が続けば、今2018年3月期に上場廃止猶予期間入りし、来2019年3月期には上場廃止となる。

株価は期待先行で上場の翌月に最高値4875円を付け、上場直後の決算説明会には多くの証券アナリストが出席、会場は熱気に溢れていた。

その後は業績を反映し低迷。今年8月に最安値840円まで下げた後は、900円台で停滞。決算説明会に参加するアナリストも数名にとどまっている。

甘かった経営陣の見通し

見通しの甘さから会社を崖っ縁に追い込んだ経営陣の責任は重いといわざるを得ないが、同社も手をこまぬいているわけではない。

低価格のカキ小屋もブームに一巡感が出ていることに加え、自社の低価格戦略が浸透し、既存店売上高は2017年4~9月期に前年同期比4.1%増とやっと回復傾向にある。

また岩手県からの補助金8億円を活用した岩手加工工場が今年5月に操業開始、カキフライなどを直営小売店へ供給しながら、11月にはネット通販もスタートさせている。

これらの取り組みにより、直近の2017年4~9月期(第2四半期)決算では営業赤字が1.5億円(前年同期は3.4億円の赤字)と改善傾向に。岩手加工工場などの先行費用は大きいが、下期はカキの需要期にあたるため、一段の業績改善も見込めそうだ。

吉田秀則CEOはエイベックスなどを経て、2000年に当社を創業した(編集部撮影)

とはいえ、従来のようにオイスターバーに頼った成長が見込めない。

そこで、ゼネラル・オイスターは岩手加工工場のフル稼働や沖縄で進める陸上養殖事業などをテコに、卸売り事業を拡大する方針だ。

実際に高級料亭のうかい亭や世界的ホテルチェーンなど、有名店への納入も増えている。加えて、出店費用が3,000万円程度で済むカジュアルな新業態の路面店も検討を急ぐ。

ただ経営の安定のためには公募増資や第3者割当増資など純資産の上積8が不可欠だ。

2018年1月に臨時株主総会を招集しているが、その中身について同社の吉田秀則CEOは「何も言えない」と明言を避けた。

はたして期待を集めたゼネラル・オイスターは生き残ることができるのか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT