「妥協して結婚」した人の半分は後悔している

「条件を下げるべきだった」年齢は30代前半

次に、35~54歳と平均初婚年齢前後のアラサー世代(25~34歳)の結婚に対する気持ちを比較してみましょう。アラサー世代では「理想・条件を特に意識することなく結婚すると思う」が35~54歳の年齢層より高く、一方、「結婚したい気持ちはあったが、今ではあきらめている」は低くなっています。年齢を重ねるにつれて、結婚相手の理想や条件を強く意識するようになり、結婚をあきらめる割合が高くなる傾向が見て取れます。

条件を下げられない、最大の理由とは?

「理想・条件を下げるくらいなら結婚したくない」と回答した35~54歳の未婚者に対して、その理由を尋ねたところ、「どうせ理想・条件を下げるなら、もっと若い頃に下げて結婚しておけばよかったと思うから」が男女とも約4割で最も高くなりました。

年齢層が高いほど、その割合は高くなっており、50代前半では、約5割となっています。次いで、男女とも「自分のキャリア・収入・ルックス等に見合う異性でないと納得できないから」が約3割で続きます。

次ページいつ結婚相手の条件を下げるべきだった?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。