日本株は年末高に向けてちょっとひと休み

「新値ひと呼吸」相場という言葉を覚えよう

市場の過熱を表す指数も急速に鎮静化している。例えば騰落レシオ25日移動平均は140近くまで上がっていたものが、現在は105前後。これは急騰前の9月の時点と同水準だ。筆者が重視している「日経平均総合かい離」(株価と、25日、75日、200日移動平均のかい離の合計を算出したもの)は、11月7日に35.14%を付けた後、現在は20%前半だ。これも10月初旬に戻っている。目の前では先週15日に、短期線である25日移動平均線にタッチした後、絵にかいたような反発を示した。

17日の安倍晋三総理大臣の特別国会所信表明演説で再びアベノミクスが動き出したが、黒田東彦日銀総裁は先駆ける14日のECB(欧州中央銀行)主催シンポジウムで、強力な緩和政策を続ける意向を世界に示した。景気回復相場と金融流動性相場が同時に進行している極めて良好な市場環境は、今も変わっていない。

今週の相場はどうなるのか

今週は23日(木)の勤労感謝の日と感謝祭で、日米ともに休場となり、週の流れが分断される。また、11月第2週の外国人投資家の動向では、先物が売り越しとなった。メリルリンチ証券の機関投資家調査でも、11月のキャッシュ比率が4年ぶりの低水準となり、ファンドは「買った」状態にも見える。

しかし、筆者の周辺に聞くと、「買い」始めたばかりのファンドも多い。証券口座の10月残高は13兆1774億円と溜まりに溜まっており、「日経リンク債」の世界でも、予期しなかった日経平均2万1000円、2万2000円、2万3000円台到達による償還金が投資家の手元に滞留している。

実は、滞留しているカネは他にもある。10月末の日銀のマネタリーベース(通貨供給)は約476兆円、同じくマネーストックM3は1308兆円と過去最高となっている。この状態で株はどこまで下がることが出来るのだろうか。また、株を売った代金はどこへ行くというのだろうか。

2017年初に出た「日経ヴェリタス」の今年の予想では、「日経平均3万円」と宣言した武者陵司氏は別格として、筆者の2万4500円が3位以下を大きく引き離す「断然の2位」だった。

正直なところ、あと1カ月余りでのこの水準の達成はどうかと言うところだが、今週は年末高へ向かっての十分な息継ぎをしてもらいたいと思っている。

今週の日経平均予想レンジは2万2000円―2万2700円とする。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT