代表辞任!小池百合子氏の前途に広がる茨道

ついに都議会公明党が「小池離れ」を明言

14日午後、東京都新宿区で行われた都民ファーストの会の政治資金パーティーにのぞむ小池百合子都知事(写真:日刊現代/アフロ)

背景にあったのは、東京五輪組織委員会の人事のようだ。

2020年東京五輪の組織委員会に、東京都議会は2名の理事の枠を持つ。都議選前は当時の最大会派である自民党の川井重勇氏と高島直樹氏が理事を務めていた。川井氏は東京都議会オリンピック・パラリンピック招致議員連盟の会長で、高島氏はオリンピック・パラリンピック等推進対策特別委員会委員長という職務からあてがわれたものだ。

東京五輪組織委員会の理事人事が膠着状態に

ところが、川井氏は都議選で落選し、東村氏が後任の招致議連会長になった。そしてオリンピック・パラリンピック等推進対策特別委員会委員長には都民ファーストの会の小山有彦氏が就任。都民ファーストの会と都議会公明党は、招致議連会長の東村氏と特別委員会委員長の小山氏に理事ポストを要求したが、自民党がそれに応じてこなかった。

というのも、招致議連は9月5日に総会を開いて公明党の東村氏を新会長に選任したが、自民党が「ルールに従った召集がなかった」として不参加。議連の「超党派性」が問われる事態に発展してしまった。

膠着状態が続いていたのだが、11月上旬になって変化があった。自民党が歩み寄りの姿勢を示したのだ。東村氏の組織委員会理事就任が現実化し始めたわけである。その間に、両者間の雪解けがあったとみるべきだろう。

希望の党の代表を辞任した小池知事はこれから都政に専念するというが、小池知事が国政に目を向けている間に都政ではこれまで以上に問題が山積している。都議会には小池知事の敵も多くなっており、苦しい展開になりそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT