暗い気持ちで下す決断は100%間違っている

ひとりぼっちの時間が一瞬の判断力を高める

それは、人生を大きく左右するような決断をするときには、自分の心が暗く澱んでいないかということを、しっかりと確かめておくということです。なぜなら、暗い気持ちで下した決断は、百パーセント間違っているからです。追い詰められた精神状態のときには、大胆な決断は避けなければいけません。

極度の緊張や、疲れ果てた精神状態の時には、判断力が鈍ります。財布を落としたり、約束をすっぽかしたりといった、普段だったら絶対しないようなミスをするのは、だいたい忙しかったり、プレッシャーのかかる仕事や人間関係によって追い詰められている時なのです。

大きな決断に迫られたときほど不安定

このことについては、多くの方が同意されるでしょう。しかしながら、実はここには、ちょっとしたジレンマがあります。それは、大きな決断を迫られているときほど、私たちは平常心ではない、という現実です。

どんな非常事態にあっても、冷静で、落ち着いて、明るく、さわやかな心境を保てる肝の据わった人というのは、そうはおられません。

実際、転職や独立、結婚や離婚など、大きな決断に迫られたときほど、私たちの心はざわつき、澱み、疑い深く、不安定な状態にあるのが普通です。それは決して、平常心とは言えないはずです。

無理解な上司や、諍いの絶えない家族への怒り、あるいは、これから自分が歩もうとしている道への不安。人生の岐路に立っている人の心の中には、さまざまな感情が渦巻いているはずです。

では、どうすればいいのか。実は、このジレンマを解く答えは、単純明快なものです。それは、一時的に群れの人間関係から距離を取り、心を落ち着けてから判断する、というものです。

人生を変えるような大きな決断をする前には、必ず群れから離れて、「ソロタイム=ひとりぼっちの時間」を過ごすこと。群れの価値観や常識からいったん手を放し、心を落ちつけ、明るく、さわやかな自分を取り戻す。それから決断をすれば、大きく判断を誤ることはなくなります。

次ページソロタイムをバカにしてはダメ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。