「子どもの誕生日会」に浪費する親たちの心理

マジシャンからDJ、チアリーダーまで用意

自分の子どもたちのために際立った思い出を作ってあげたいとの思いが先行し…(写真:FamVeld / PIXTA)

たとえかわいいわが子とはいえ、バースデーパーティのために10万ドル(約1100万円)を散財するのは信じられないだろう。が、伝えられているところによると、これはケイティ・ホームズとトム・クルーズが、愛娘スリのパーティのためにかつて使った額なのだ。

ニューヨーク・デイリーニュースによると、これには、著名カリフォルニア料理、ウルフギャング・パックのケータリング4万0500ドル(約510万円)、新鮮な花々と1000匹の蝶々がいる部屋代1万7000ドル(約190万円)が含まれている。ちなみに、その当時スリはわずか2歳だった。

が、この「記録」は、ビヨンセとジェイ・Z夫妻に追い抜かれることになる。ハフィントンポストによると、2人は娘のブルー・アイビーのバースデーパーティに、20万ドル(2280万円)を使ったというのだ。

「誕生日パーティ」はビッグビジネス

確かにこれはセレブのことで、一般人の基準で見るべきではないだろう。が、もし、テキサスの一般家庭の女性が8歳になる娘のパーティに10万ドル(約1100万円)近く使ったと聞いたらどうだろうか? 今や放映打ち切りになってしまったが、この女性、キムさんのことは米国のリアリティ番組「Outrageous Kids Parties(とんでもないキッズパーティ)」で紹介されていた。

同番組では毎回、子どものための手の込んだパーティが紹介されており、中には「身分不相応」とも思える出費をしてしまう親たちも出てくる。たとえば、ある親が子どものために開いた1980年代をテーマにしたパーティでは、ローラースケートのリンク、泡の出るプール、DJ、写真撮影ブース、チアリーダー一団、似顔絵アーティスト、ビンテージカーをすべてレンタルして用意。もちろん、これとは別にプレゼントも用意されていた。

資産運用会社のティー・ ロウ・プライスが行った子どもにかかる費用に関する調査でも、誕生日パーティに注目。調査の回答者1014人の平均パーティ費用は、およそ500ドルだった(誕生日プレゼントは含まれていない)。また、ベビーセンター・ドット・コムの調査でも、回答者の26%が、自分の子どもの最初の誕生日会に500ドル以上使っていることがわかった。

今や米国では、誕生日パーティはビッグビジネスだ。MSNマネーによると、過去数年間であらゆる収入レベルにおいて、誕生日関連の支出は増えており、関連企業も潤っている。たとえば、関連グッズと販売するバースデー・エクスプレスの注文額は、年率5〜7%増えているという。

次ページカーダシアン家のスゴい誕生日会
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT