名古屋「迷駅」が生んだ?4分だけのバス路線 鉄道2路線が通る「ささしまライブ」へ直行

印刷
A
A
あおなみ線のささしまライブ駅。下を「ささしまウェルカムバス」が走るが、停留所はない(筆者撮影)

ささしまライブ24では、グローバルゲート開業後最初の週末となる10月7・8日を「まちびらき」と位置づけて、大々的なイベントが行われた(ささしまライブまちびらき GLOBAL DAYS 2017)。両日とも好天に恵まれ、大勢の人でにぎわったが、その2日目となる8日の昼頃から夕刻までの、同地への交通機関の様子を実際に見てみた。

あおなみ線は4両編成の通勤形電車が15分おきに走っている。ささしまライブ駅には電車が着くたびに下車する人がおり、名古屋方面ホームに乗車待ちの列もできるが、収容力の大きな電車だけに、ラッシュ時のような混みかたにはならないようだ。

駅は高架上にあるが、1 階分下がったところにある歩行者デッキがそのままグローバルゲートに直結していて、さらに奥の愛知大学まで続いている。歩いていくと、グローバルゲートとその先にある商業施設「マーケットスクエアささしま」が、ささしまライブ24のにぎわいの中心だということがわかる。その両施設を隔てる道路にささしまウェルカムバスの停留所がある。

鉄道はそれほど混んでいない

ささしまライブ24のもう1つの最寄り駅である近鉄名古屋線の米野駅(筆者撮影)

近鉄の米野駅は、ささしまライブ駅の北にある線路群を越える長さ156mの「ささしま米野歩道橋」を渡り、地上に降りてすぐの場所にある。米野―近鉄名古屋間は1.1kmの距離で、運賃は150円と、あおなみ線の200円よりも安い。電車は20分ごとで、あおなみ線の15分ごとに比べるとやや少ないが、所要時間は約2分で変わらない。しかし、米野駅でささしまライブ24の利用者らしき人はあまり見掛けない。

あおなみ線がそれほど混んでおらず、近鉄の駅でもささしまライブ24を訪れる人の姿をあまり見掛けないとなると、ささしまウェルカムバスの利用者が多いことが予想される。クルマ社会の名古屋だけに車での来訪者も多く、大規模な駐車場はあるものの、商業施設の規模や行き交う人の数からしてとても間に合いそうにないからだ。

ところが、バスは立ち客が出ることもあるものの、座席に余裕があるときもあった。土休日は12分ごと、平日日中は10分ごとの発車で、8日は「まちびらき」だけにさすがに増発されていた。しかし、つねに増発されているわけではなく、往復ともに満員というわけでもなさそうだ。バスの収容人員は電車に比べるとはるかに少ない。

次ページバスは便利だが、より多いのは…
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT