「ゼクシオ」のゴルフクラブが売れ続ける理由

累計2000万本は世界一の水準、今後の戦略は

ただ、ゴルフ規則を統括するUSGA(全米ゴルフ協会)やR&A(全英ゴルフ協会)が飛びに対するゴルフクラブの規制を強化して、2006年からは体積460㎤以下、クラブ長さ48インチ以下、そして2008年からはクラブヘッドの高反発規制が始まり、数値でその値が明確になった。

ゴルファーが飛距離を体感できるか

ゴルフ規則を守りながら、前モデルより飛ぶことを使命とする「ゼクシオ」は、ヘッド単体だけでなく、シャフトやスイングまで踏むこんだ開発を進めている。それを如実に語っているのが、「ゼクシオ」に関する特許件数である。

「ゼクシオ」の2000年の初代から2016年モデルの9代目までの登録特許(特許が成立したもの)は95件を数えている。その中でヘッドに関するもの53件、シャフトに関するもの33件、スイングに関するもの9件とヘッドだけでなくクラブ全体にわたって特許登録している。日本国内のメーカーで比較した場合、単一ブランドで最も多い特許取得数のようだ。ブランドが長期間にわたって続くことでノウハウが蓄積され、特許数を増やすこともできていることが要因だ。

「ゼクシオ テン」の商品イメージ。ゼクシオ史上最大の飛距離を実現したという(筆者撮影)

特に、スイングに関するものは2014年モデル、2016年モデルで合わせて9件と新しいモデルで使われている。10代目の「ゼクシオ テン」については、22件の特許申請中とのことで、飛ばすための努力を続けていることがわかる。

その結果、記者発表では「ゼクシオ テン」は前モデルより5ヤード飛び、初代と比較すると40ヤード飛んでいる」と明言している。ゴルファーがこの飛びを体感できるか、発売が待たれるところである。

「レジャー白書」によると初代「ゼクシオ」が発売された2000年の日本のゴルフ用品市場は4740億円、2016年は3310億円で、ゴルフ用品市場の縮小傾向は続いている。その中で「ゼクシオ」が17年間連続で年間売り上げNo.1を続けてきたことは驚異である。この快進撃が続くのか、あるいは新しいライバルが出てきてこれを阻止するのか。「ゼクシオ」がゴルファーの支持を継続して得られるかにかかっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT