希望の党・小池代表、衆院選「非常に厳しい」

不快な言動をしたことには「申し訳ない」

 10月22日、希望の党の小池百合子代表(写真)は、出張先のパリで記者団の質問に答え、衆院選の出口調査で振るわない結果が出ていることについて、非常に厳しい結果だと述べた。写真は21日、都内で撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 22日 ロイター] - 希望の党の小池百合子代表は22日、出張先のパリで記者団の質問に答え、衆院選の出口調査で振るわない結果が出ていることについて、非常に厳しい結果だと述べた。

また、その要因として「これまでの言動で、不快な思いを抱かせたことは申し訳ない」と語った。

さらに、1人でも有為の候補者が当選して欲しいと述べた。

(田巻一彦)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。