楽天のイーバンク銀行出資比率は約4割に 役員も4人派遣

楽天のイーバンク銀行出資比率は約4割に 役員も4人派遣

楽天は、ネット専業銀行のイーバンク銀行との資本提携について、優先株の増資により66万6000株を引き受けると発表した。1株当たり3万円で、総額199億8000万円を出資する。合わせて役員4人を派遣する。優先株は金融庁の認可が下りた後、普通株に転換する。

イーバンクは現在、既存株主に対し、1株あたり1株の株主割り当てを行っており、仮に全株主が増資に応じたとすると、楽天は既存出資分200株と合わせて33.41%を保有する筆頭株主となる。実際は割当に応じない株主がいるため、約4割の出資比率となる見込みだ。事実上、傘下に収めることになる。
 
 証券、クレジット、消費者金融など金融事業を相次いで傘下に入れてきた楽天。銀行の取得は念願だった。ただ、既存の金融事業では過払い金利問題や上限金利の引き下げ、証券システムトラブル、株式相場の低迷など高い授業料を払い続けてきた。イーバンクも業績不振が続いており、先行きは楽観できない。
(東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT