最新!連続減益「ワースト169社」ランキング

最長は三井造船、上位には赤字会社の姿も

連続減益の企業の中には、営業赤字に陥っているケースもみられる(写真:ワトソン / PIXTA)

いくら売り上げを積み上げても、利益が残らなければ企業活動は持続させられない。会社の業績を見る上で、各種利益の中でも、基本となるのが営業利益である。売上高から売上原価を差し引いた売上総利益から、さらに販売費および一般管理費(販管費)を差し引いた、いわゆる「本業の儲け」だ。

東洋経済オンラインは。約3650社の上場企業すべてを網羅している『会社四季報』(2017年秋号発売中)で集計したデータを活用し、営業利益を減らし続けている会社のランキングを作成。。「連続増収トップ195社」「連続減収ワースト276社」「連続増益トップ323社」のランキングに続き、最新版を発表する。

直近本決算までに営業利益が過去3年以上にわたって連続して減っている169社を対象にして、直近決算の売上高、業種名、上場年なども併記。直近本決算までの実績をベースにしており、データがさかのぼれる1985年以降、また上場前後のデータの有無により、その企業の正確な連続増益記録とは異なる場合もあるものの、営業利益を伸ばし続けている会社の傾向をざっと把握できるはずだ。

ミニストップなど有名企業もランクイン

『会社四季報』には上場企業の財務・業績や平均年収などの各種データが満載。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

1位になったのは、連続減益年数が7年の三井造船だった。三井造船は三井系の造船・重機大手で、船舶用エンジンで国内首位の会社だ。船舶・海洋部門の大幅減益の影響などで、減益が続いている。

2位のソフトフロントホールディングスはソフトウェア販売や受託開発のほか、2016年11月に買収した「グッドスタイルカンパニー」で美容サロン事業も展開するが、営業赤字が続いており、苦しい経営状況だ。

5年連続で営業減益となった会社の中にはミニストップ、4年以上だとフジ・メディア・ホールディングスやベネッセホールディングスなど、消費者に身近な有名企業も入っている。5年以上の連続減益は18社、4年以上は46社だった。

本ランキング上位企業には「本業の儲け」を出すことができていない営業赤字の会社も見受けられ、業績が低迷、停滞しているという傾向が浮かび上がる。ただ、短期的には仮に売り上げが伸びないとしても、複数の要素からなるコストを分析し、無駄を省くなどコントロールすれば営業利益を増やすことは可能だろう。

次ページまずは1~19位
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT