三井住友海上、シンガポール最大損保を買収

ファーストキャピタルを約1755億円で

 8月24日、MS&ADインシュアランスグループホールディングスは24日、連結子会社の三井住友海上火災保険が、シンガポール最大の損害保険会社ファーストキャピタルを買収することで合意したと発表した。写真は三井住友海上の本社、都内で2016年5月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - MS&ADインシュアランスグループホールディングス <8725.T>は24日、連結子会社の三井住友海上火災保険が、カナダの保険・金融グループのフェアファックス・フィナンシャル・ホールディングス<FFH.TO>傘下のシンガポール最大の損害保険会社ファーストキャピタルを買収することで合意したと発表した。

三井住友海上は、フェアファックスとグローバルなパートナーシップも結ぶ。

取得額は約1755億円。買収は、2017年度第4・四半期中の完了を予定している。海外事業を成長エンジンと位置づけており、買収でシナジー効果の拡大を図る。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT