東芝、三菱UFJ株式を約64億円で売却

23日午前の立会外取引を通じて

 8月23日、関係筋によると、東芝は保有していた三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>の株式を売却した。川崎で1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon/File Photo)

[東京 23日 ロイター] - 関係筋によると、東芝<6502.T>は保有していた三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>の株式を23日、売却した。23日午前の立会外取引を通じて、987万9000株を約64億円で売却した。

資金繰りが厳しくなっている東芝は、資産売却を進めている。今回、保有する三菱UFJ株式のすべてを売ったとみられる。

東芝は「個別の取引は開示していない」(広報)としている。

(布施太郎)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。