「VALU」の個人価値売買が熱視線を浴びる本質

不正取引発生で全否定するのは間違いだ

8月18日、VALUは一部の利用者が規約違反を起こしたとして取引制限をかけたうえで、売買注文をすべてキャンセルすることを明らかにした(https://help.valu.is/article/71-article)。名前が出ているヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)はいずれも同じ事務所に所属するユーチューバー。中でもヒカル氏は、数多くのアクセスを集める人気者だ。

本件についての直接的な評価は避けるが、彼らは所属事務所の大株主で、かつて情報商材のネット販売で事業を共にしていた井川氏に多くのVAを安値で譲渡した後、多くのファンが見ているTwitter上でVALUユーザーに対して優待を匂わすツイートを書き込んだと報道されている(現時点では消されており、ヒカル氏は優待を約束したことはないと発言している)。

このツイートを読んだ、あるいはうわさを聞いたファンたちの注文により価格が高騰。ここで井川氏など関係者は、取得していたVAをストップ高で放出した。ところが翌日になってヒカル氏が突然、全VAを売却に出したうえ、優待を実施する予定はないと発言した。これによりヒカル氏のVAは暴落。高値でVAを放出した井川氏や事務所仲間はこの間、多くのBTCを得た。取引履歴を見るかぎり、最大で5000万円相当程度のBTCを得たようだ。

株取引でいうならば、インサイダー取引や風説の流布による価格吊り上げ、あるいは詐欺が疑われるところだ。しかし、ヒカル氏のユーチューバーとしての収入は、そのフォロワー数などから類推すると年間5000万円前後あると推定される。本業における売り上げと、本件における評判の低下リスクのバランスを考えるならば、詐欺でお金を集める意図はなかったのかもしれない。

どのように市場の健全性を保っていくのか

しかしながら、そうした状況を考慮することなく冷静に俯瞰(ふかん)するならば、VA販売者は実施されない優待を期待させないことはもちろん、そうしたうわさを耳にした時点で即座に否定すべきであり、また全VA放出直前にインサイダーが大量放出したならば、放出時期を延期するなどの配慮をせねばならなかったはずだ。

運営側も長期にわたって合法性を検討してきた経緯を考えるならば、株取引では明確に違法とされている今回のような疑わしい取引の発生が想定できなかったとはいえない。

本件は売買注文をすべて無効にしたうえで、上記ユーチューバー3人が自VAを買い戻すということで決着したが、取引時のシステム手数料は利用者に戻ってこない。またVA暴落時に損切りで損害を確定した利用者は、買い戻してもらうべきVAをすでに失っている。

それもこれも「その人物を支援するかどうかを決めるのは自分自身」であることを考えれば、支援者自身の責任ともいえるが、上記4氏の意図がどうであるにせよ、不正取引が疑われる状況において、どのように市場の健全性を保っていくのか。

まだ生まれたばかりのVALUの今後については、VALUへの取材などを通じて継続的に追っていきたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT