プホルス選手、ソーサの本塁打記録に並ぶ

外国出身(米国以外)選手最多記録タイに

 8月19日、MLBエンゼルスの指名打者、アルバート・プホルス(写真)は18日のオリオールズ戦で自身通算609本目の本塁打を放ち、サミー・ソーサ氏の外国出身(米国以外)選手最多記録に並んだ。ボルティモアで18日撮影(2017年 ロイター/Mitch Stringer-USA TODAY Sports)

[19日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)エンゼルスの指名打者、アルバート・プホルス(37)は18日のオリオールズ戦で自身通算609本目の本塁打を放ち、サミー・ソーサ氏の外国出身(米国以外)選手最多記録に並んだ。

ドミニカ共和国出身のプホルスは今季18本塁打。同じくドミニカ出身のソーサ氏は2007年シーズンを最後に引退した。

通算609本塁打はMLB歴代8位の数字。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT