ボルト「スタートが命取り」、有終の美飾れず

3位に沈む、優勝はガトリン

 8月5日、陸上の世界選手権、男子100メートル決勝で3位に終わったウサイン・ボルトは、スタートが敗因だったとの見方を示した(2017年 ロイター/John Sibley)

[ロンドン 5日 ロイター] - 陸上の世界選手権、男子100メートル決勝で3位に終わったウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、スタートが敗因だったと語った。

今大会限りで引退するボルトはレース後、「スタートが命取りだった。通常はラウンドをこなすごとに良くなるが、今回はうまくいかなかった。それが敗因となってしまった」とコメント。

「きつかったし、少しストレスもあった。それでもほかの大会と同じように取り組み、ベストを尽くした」とし、スターティングブロックについては「自分に完全に合っているとは言えないが、対応するしかない。文句は言えない」と話した。

また、優勝したジャスティン・ガトリン(米国)について、「彼は素晴らしい競争者。彼に勝つためには最高の状態でなければならない。彼と対戦できたことに心から感謝している」と述べ、ライバルを称えた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT