錦織が逆転勝ちで4強入り、シティ・オープン

準決勝でズベレフと対戦

 8月4日、テニスのシティ・オープン、男子シングルス準々決勝、世界ランク9位で第2シードの錦織圭(写真)は同225位のトミー・ポールに3─6、7─6、6─4で勝利を収めて4強入り(2017年 ロイター/Geoff Burke-USA TODAY Sports)

[4日 ロイター] - テニスのシティ・オープンは4日、ワシントンで男子シングルス準々決勝を行い、世界ランク9位で第2シードの錦織圭は同225位のトミー・ポール(米国)に3─6、7─6、6─4で勝利を収めて4強入りを果たした。

第3シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は第8シードのジャック・ソック(米国)にストレート負け。第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は勝ち上がった。

錦織は準決勝でズベレフと対戦する。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。