錦織が逆転勝ちで4強入り、シティ・オープン

準決勝でズベレフと対戦

 8月4日、テニスのシティ・オープン、男子シングルス準々決勝、世界ランク9位で第2シードの錦織圭(写真)は同225位のトミー・ポールに3─6、7─6、6─4で勝利を収めて4強入り(2017年 ロイター/Geoff Burke-USA TODAY Sports)

[4日 ロイター] - テニスのシティ・オープンは4日、ワシントンで男子シングルス準々決勝を行い、世界ランク9位で第2シードの錦織圭は同225位のトミー・ポール(米国)に3─6、7─6、6─4で勝利を収めて4強入りを果たした。

第3シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は第8シードのジャック・ソック(米国)にストレート負け。第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は勝ち上がった。

錦織は準決勝でズベレフと対戦する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT