ダルビッシュ、ドジャース移籍初登板で白星

メッツに6─0で勝利

 8月4日、MLBドジャースのダルビッシュ有投手は、敵地でのメッツ戦で移籍後初先発し、7回無失点の好投で今季7勝目を手にした(2017年 ロイター/Noah K. Murray-USA TODAY Sports)

[4日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)は4日、各地で試合を行い、ドジャースのダルビッシュ有投手は、敵地でのメッツ戦で移籍後初先発。7回3安打、1四球、10三振、無失点の好投で今季7勝目(9敗)を手にした。ドジャースは6─0で勝利。

マーリンズのイチロー外野手は、敵地でのブレーブス戦に8回に代打で出場すると、センターへヒットを放ち、1打数1安打。マーリンズは3─5で敗北した。

カブスの上原浩治投手は、地元でのナショナルズ戦に2点ビハインドの9回から3番手として登板。1回を無安打、無四球、2三振、無失点に抑えた。カブスは2─4で敗れた。

ブルージェイズの青木宣親外野手は、敵地でのアストロズ戦の8回から右翼から守りにつき途中出場。1打数ノーヒットに終わった。ブルージェイズは7─16で敗北。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。