ダルビッシュ、ドジャース移籍初登板で白星

メッツに6─0で勝利

 8月4日、MLBドジャースのダルビッシュ有投手は、敵地でのメッツ戦で移籍後初先発し、7回無失点の好投で今季7勝目を手にした(2017年 ロイター/Noah K. Murray-USA TODAY Sports)

[4日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)は4日、各地で試合を行い、ドジャースのダルビッシュ有投手は、敵地でのメッツ戦で移籍後初先発。7回3安打、1四球、10三振、無失点の好投で今季7勝目(9敗)を手にした。ドジャースは6─0で勝利。

マーリンズのイチロー外野手は、敵地でのブレーブス戦に8回に代打で出場すると、センターへヒットを放ち、1打数1安打。マーリンズは3─5で敗北した。

カブスの上原浩治投手は、地元でのナショナルズ戦に2点ビハインドの9回から3番手として登板。1回を無安打、無四球、2三振、無失点に抑えた。カブスは2─4で敗れた。

ブルージェイズの青木宣親外野手は、敵地でのアストロズ戦の8回から右翼から守りにつき途中出場。1打数ノーヒットに終わった。ブルージェイズは7─16で敗北。

関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。