ロシアのTVリポーター、顔面殴られる

生放送中に酔っ払いが暴行

 8月3日、ロシアのテレビNTVの番組で2日、モスクワの公園からの生中継の最中に、リポーターが酔った男に顔面を殴られる出来事があった。写真はロイタービデオの映像から(2017年 ロイター)

[モスクワ 3日 ロイター] - ロシアのテレビNTVの番組で2日、モスクワの公園からの生中継の最中に、リポーターが酔った男に顔面を殴られる出来事があった。

この日は毎年恒例の「空挺部隊の日」の祝賀イベントで、公園にはパラシュート部隊の元隊員らが集まって日光浴をしてくつろいでいた。

Tシャツと短パン姿でひげを生やした体格が良い男が、罵声を浴びせながらTVリポーターに近づき、離れるよう言われるとリポーターの顔面を右手で殴り、歩き去った。現地からの中継はそこで中断された。

ロシアメディアによると、男は酒に酔っていて、その後拘束された。警察によれば、有名なサッカーのフーリガンだという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。