ファナック、通期業績予想を上方修正

ロボマシンなど好調、対ドル100円想定を維持

 7月28日、ファナックは、2018年3月期の連結業績予想(日本基準)を上方修正したと発表した。営業利益予想は従来の1555億円から1698億円(前年比10.8%増)に増額した。写真は都内で昨年11月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 28日 ロイター] - ファナック<6954.T>は28日、2018年3月期の連結業績予想(日本基準)を上方修正したと発表した。営業利益予想は従来の1555億円から1698億円(前年比10.8%増)に増額した。FA(工場の自動化)関連やロボット、ロボマシンなどの好調な受注を反映した。対ドルでの想定為替レートは100円で据え置いた。

通期の売上高予想は5698億円から6114億円(同13.9%増)に引き上げた。17年4─6月期の連結売上高は前年同期比32.1%増の1684億円。連結営業利益は同20.6%増の505億円だった。通期予想に対する第1四半期営業利益の進ちょく率は29.8%に上った。

4─6月期の部門別売上高はFAが前年同期比20.2%増、ロボットが同29.6%増、ロボマシンが同69.4%増と大きく伸びた。ロボマシンは中国や台湾のスマートフォンメーカーからの需要が活発だったという。各部門とも受注高は増加。中でもロボマシンの受注高は前年同期比で約95%増となった。

7月以降の想定為替レートは対ドルは据え置いたが、対ユーロでは期初の110円から115円に見直した。トムソン・ロイターの調査によると、アナリスト24人による18年3月期営業利益の予測平均値は1829億円。修正後の会社計画はこれを下回る保守的なものとなっている。

 

 

(長田善行)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT