シャープの4─6月営業損益は171億円の黒字

黒字は4四半期連続、ディスプレイ部門が改善

 7月28日、シャープが発表した2017年4─6月期決算は営業損益が171億円の黒字となり、前年同期の25億円の赤字から回復した。営業黒字は4四半期連続。写真は幕張メッセで昨年10月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 28日 ロイター] - シャープ<6753.T>が28日発表した2017年4─6月期決算は営業損益が171億円の黒字となり、前年同期の25億円の赤字から回復した。営業黒字は4四半期連続。販売価格下落の影響はあったものの、スマートフォーム関連や液晶テレビの販売拡大が利益を押し上げた。

売上高は前年比19.6%増の5064億円だった。液晶テレビなどのアドバンスディスプレイシステム部門が前年比49.4%増の2496億円と大きく伸びた。中国で販売が拡大。親会社である台湾の鴻海精密工業<2317.TW>とのシナジー効果が販売増につながった。欧州でブランドを買い戻したことも寄与した。

通期予想は据え置いた。営業利益予想の900億円(前年比44.1%増)はトムソン・ロイターがまとめたアナリスト11人の予測平均値874億円をやや上回る水準となっている。

鴻海傘下のフォックスコン<2354.TW>は26日、米ウィスコンシン州に今後4年間で100億ドルを投じて液晶パネル工場を建設する計画を発表した。

会見した野村勝明副社長はシャープの関わりについて「具体的なコメントは差し控えるが、シャープはグローバルで液晶テレビ事業の拡大を計画しており、その中でいろいろ検討していく」と語った。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。