安倍首相「急な質問で混同したところがある」

加計学園申請の把握時期で過去の発言を釈明

 7月25日、安倍晋三首相(写真)は参院予算委員会で、加計学園の獣医学部新設計画の申請を知った時期について「今年1月20日」と述べたことに関連し、過去の答弁との整合性を問われた。首相は、以前の質問に関して「急に質問があったので混同したところがある」と釈明した。写真は国会で24日撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 25日 ロイター] - 安倍晋三首相は25日の参院予算委員会で、加計学園の獣医学部新設計画の申請を知った時期について「今年1月20日」と述べたことに関連し、過去の答弁との整合性を問われた。首相は、以前の質問に関して「急に質問があったので混同したところがある」と釈明した。

首相は「整理が不十分なまま答えた。今回の閉会中審査に当たり、もう一度しっかり確認した」とも述べた。その上で、計画を把握したのは1月20日だったと繰り返した。

蓮舫委員(民進党)への答弁。

(梅川崇)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT