安倍首相「急な質問で混同したところがある」

加計学園申請の把握時期で過去の発言を釈明

 7月25日、安倍晋三首相(写真)は参院予算委員会で、加計学園の獣医学部新設計画の申請を知った時期について「今年1月20日」と述べたことに関連し、過去の答弁との整合性を問われた。首相は、以前の質問に関して「急に質問があったので混同したところがある」と釈明した。写真は国会で24日撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 25日 ロイター] - 安倍晋三首相は25日の参院予算委員会で、加計学園の獣医学部新設計画の申請を知った時期について「今年1月20日」と述べたことに関連し、過去の答弁との整合性を問われた。首相は、以前の質問に関して「急に質問があったので混同したところがある」と釈明した。

首相は「整理が不十分なまま答えた。今回の閉会中審査に当たり、もう一度しっかり確認した」とも述べた。その上で、計画を把握したのは1月20日だったと繰り返した。

蓮舫委員(民進党)への答弁。

(梅川崇)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。